江ノ島シネマ

About

作り手の「個」。受け手の「個」。

好みやニーズが多様化し、さらに細分化していく「個」の時代。

商業性が優先されがちな日本で、多くの制作者や技術者たちが、

クリエイティブとの狭間で、葛藤しながら生きている。

作家たちの個性を、守りたい。

個性ある多様な映画を、求める人のもとへ届けたい。

そんな作品と、ひとりひとりが、出会う瞬間(とき)のための土壌を創りたい。

「江ノ島シネマ」は、その第一歩。

湘南・鎌倉にある、つながりのある「人」 豊かな「環境」

映画業界の縦の関係性で実現が難しかった、形や常識の向こうに、

自由で蒼い作品が、息をひそめている。

いつだってここは、横のつながりができるから、コミュニティ(土壌)がうまれやすい。

合理性や経済性に、手をあげるんじゃない。

余白やゆとりを大切にしている作家たちの、創造性が発揮される環境。

—海も、山も、人も、つながっている。

Schedule

イオンシネマ茅ヶ崎決定

■6/21(金)19:00~

■6/22(土)14:00~

チケット販売6/8(土)朝9:00販売開始

※イオンシネマ茅ヶ崎・劇場窓口及びオンラインにて販売

その他、劇場情報、チケット情報は随時告知致します。

Story

kojima-1458
江ノ島のてっぺんから、ぐるっと見渡すと見えてくる。毎日いつもかわらずに、
駅と駅をつないでくれる深緑の電車江ノ電。
夫婦、幼馴染、親子、友人...
江ノ電がつなぐ駅と駅は、人と人をもつなげていく。
希望、悩み、不安、愛情、いろいろな想いをもった登場人物たちが”つながり”を思い出させてくれます。
あなたも駅から降りて歩いてみれば、そんな物語に出会えるかもしれません。
2019年に発足した湘南映画コミュニテイ・スタジオMaluaに賛同して集った個性豊かな映画作家たちが贈る、
江ノ電ひと駅ごとの短編映画集。

Director

安田ちひろ写真

Chihiro Yasuda

安田 ちひろ

鎌倉駅|監督・脚本

1987年生まれ、茅ケ崎在住。大学在学時に自主映画制作を始める。関西TVドラマ「大阪環状線」第8話脚本など。湘南にて映画制作コミュニティ『スタジオMalua』を立ち上げる。

33323814_10214955789943566_7002806638390280192_n

Shinya Kojima

小島 真也

江ノ島駅|監督

赤坂スタジオを経て篠山紀信に師事。1990年独立、撮影監督として活動。日本ビデオアカデミー編集講師。

高橋巖の写真

Iwao Takahashi

高橋 巖

鵠沼駅|監督・脚本

自主制作からスタートし、2001年『infinity∞波の上の甲虫』で劇場映画に進出。
以降、映画、テレビ、VPなどのディレクションを手がける。
2008年から8年間、和光大学表現学部で映像ゼミを担当した。

55575689_653994798373330_157492413475061760_n

Hirotoshi Kobayashi

小林 弘利

極楽寺駅|脚本

1960年生まれの脚本家。高校時代から自主映画の製作をはじめ、同年代の映像作家たちに脚本を提供していていた。代表作は『RAILWAYS 』『ブタがいた教室』『江ノ島プリズム』など。

IMG_1016

Naomi Takayama

高山 直美

由比ヶ浜駅|監督・脚本

演技講師、脚本執筆業の傍ら2012年より短編映画を撮り始める。
コメディからシリアスまで様々な作風の作品を制作。
監督作品「ここにいる」「まる。」「お前、本当に梅吉か?」等

鷲頭祥伍写真 (1)

Shogo Washizu

鷲頭 祥伍

七里ヶ浜駅|監督・脚本

1985年北海道札幌市生まれ。2007年吉本芸能総合学院(NSC構成作家コース7期)卒業。現在は劇団マチダックスの代表、俳優・渡辺裕太のマネジメント、テレビ番組や企業VPのプロデューサー、ディレクター、構成作家として活動。初監督作品「霞ゆく瞳に宿る灯火」が、さぬき映画祭2019で10位入賞を果たす。

IMG_4230

Takushi Nishinaka

西中 拓史

湘南海岸公園駅|監督・脚本

1987年、岡山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。卒業制作「APE」が、なら国際映画祭など多数の映画祭で大賞や観客賞を受賞。現在はドローン空撮会社に勤務しつつ個人制作を行う。

IMG_6242

Miho Yamamoto

山本 美穂

江ノ島駅|監督・脚本

慶應義塾大学病院勤務後、ラブストーリークリエイタースクール、日本放送作家協会講座他。産後、親子向け演劇等を展開。海の家の公演は入りきれぬほどの観客動員が話題に。茅ヶ崎在住。

【須山】監督

Takuma Suyama from Studio Hakugei

須山 拓真(スタジオ白鯨)

稲村ヶ崎駅|監督・脚本(助監督・脚本 松永万里、プロデューサー 田中貴大)

茅ヶ崎市出身。CATV会社(株)ジュピターテレコムに勤務し、映像団体・スタジオ白鯨で活動。青山学院在学中に監督・脚本を務めた「薄いしきり」で第25回東京学生映画祭本選出場。

52788282_819930315023612_9074426101492613120_n

Yuya Watanabe

渡邉 裕也

極楽寺駅|監督

1992年生まれ福島県出身。大学中退後助監督として、活動を始め、本広克行監督らのもとで助監督を務める。監督作品2017年「ハッピーアイランド」 が四万十映画祭グランプリ、福岡インディペンデント100分部門最優秀に輝く。その他、MVやCMなどの監督している。

Advisor

高橋巖の写真

Iwao Takahashi

高橋 巖

全体アドバイザー

自主制作からスタートし、2001年『infinity∞波の上の甲虫』で劇場映画に進出。
以降、映画、テレビ、VPなどのディレクションを手がける。
2008年から8年間、和光大学表現学部で映像ゼミを担当した。

55575689_653994798373330_157492413475061760_n

Hirotoshi Kobayashi

小林 弘利

シリーズ構成/脚本アドバイザー

1960年生まれの脚本家。高校時代から自主映画の製作をはじめ、同年代の映像作家たちに脚本を提供していていた。代表作は『RAILWAYS 』『ブタがいた教室』『江ノ島プリズム』など。

33323814_10214955789943566_7002806638390280192_n

Shinya Kojima

小島 真也

撮影アドバイザー

赤坂スタジオを経て篠山紀信に師事。1990年独立、撮影監督として活動。日本ビデオアカデミー編集講師。

スクリーンショット 2019-04-03 16.07.55

Jun Oosuka

大須賀 淳

録音技術アドバイザー

映像作家・音楽家。スタジオねこやなぎ代表。代表作「ナニワのシンセ界」。近著「ネット時代の動画活用講座」

Special Thanks

阪田宗二郎さん(運営)、山本美穂さん(運営)

佐野慎一さん(運営)、菅野良子さん(運営)

田代健二さん(運営)、井上士郎さん(運営)

高谷みうさん(PR、Web企画)

Web制作協力:株式会社ボンド

Contact